建設発生土の再利用化|中古機械の査定は専門買取業者に依頼|企業向けの機械について知る

中古機械の査定は専門買取業者に依頼|企業向けの機械について知る

女の人

建設発生土の再利用化

工事現場

建築・土木・解体といった様々な工事現場において、ある問題が発生しています。その問題というのは、残土処理問題です。残土というのは、基礎工事や建物解体時に発生する建設発生土のことを指します。その残土を処理する時には、基本的に産業廃棄物埋立場に埋め立てたり工事業者の所有する残土保管上へ運搬したりします。しかし、年間に発生する残土量は増加の一途を辿り、埋立場も残土保管上も飽和状態になってしまったのです。そうなってくると、工事の時に必ず発生する残土が処理できなくなってしまうでしょう。それは、環境にも大きな影響を与えることになります。
近年では、そういった問題を解決するために、ガラパゴスフルイ機と呼ばれるものが開発されました。ガラパゴスフルイ機というのは、残土の一つであるコンクリートガラや転石を再利用化するために開発された特殊機械です。粉砕機とも呼ばれており、機械内に投入したコンクリートガラや転石を細かく砕くことができます。ガラパゴスフルイ機によって細かく砕かれたコンクリートガラや転石は、均等な大きさになるよう調節して砕かれます。砕いた後には、振動フルイ機と呼ばれる特殊機械によって混合してしまった金属類等を綺麗に取り除くことによって再利用することが可能になるのです。ガラパゴスフルイ機は現場に直接導入することができるため、より効率的に再利用化を行なうことができます。レンタルを行なっている業者も存在するためん、まだ導入していない工事業者がいるのであれば利用してみると良いでしょう。